ダイヤモンドコア削孔工事

 

ダイヤモンドコア削孔工事とはダイヤモンドビット(筒状の刃)を高速回転させコンクリート削孔を行う工法です。

きれいなを穴をあける事が可能なため手摺、空調・設備配管貫通孔、躯体調査のテストピース採取、躯体解体などあらゆる工事に使用が可能です。小粉塵 ・低騒音でホコリ・騒音公害の心配がなく、営業中のビルや病院などでも施工が可能です。

※施工部位により、貫通して抜けたコンクリートがらの落下防止の為の監視員の配置、排水の水養生が必要となります。

※乾式での施工も可能です。

merit 1

低騒音・低粉塵を

実現

樹脂ファン付きローターにより

低騒音を実現します。

また、湿式を使用すれば粉塵のリスクも

回避できます。

merit 2

鉄筋でも容易に切断が

可能

ダイヤモンドビットによる穿孔なので、

鉄筋でも容易に施工が可能です。

merit 3

きれいな孔を

スピーディに穿孔

補修の必要がない、

きれいな孔を正確かつ

スピーディに穿孔できます。

配管工事における鉄筋・鉄骨・コンクリートの孔開け

コンクリート構造物の孔開け、強度テスト用のコア採取

レンガ・大理石・陶器・硬い石材などの孔開け

その他鉄筋コンクリートの穿孔全般

その他の特徴

 

小口径から大口径まで

多種多彩なダイヤモンドビットがあり、小口径から大口径まで様々な穿孔が可能です。

 

真空吸着仕様

アンカー跡が心配な方は、真空吸着パットでの施工をします。

 

延長ロッド棒の使用

深く穿孔するために、一本のダイヤモンドビットで届かない場合は、延長ロット棒を連結して使用します。